ココナッツオイルと油の常識を知ろう!

ココナッツオイルという前に油脂について何かということを知ることが大切

脂質は外から「油脂」という形で体に取り入れられます。

 

私たち人間の体には、生命維持に必要な脂質を生み出す仕組みも、備わっているのですが外からも補う必要があります。

 

ただし、いくら脂質が重要といっても「単に油脂を摂ればいい」というわけではなく、選び方、摂取方法によっては
毒となりえる場合もあるのが油脂の恐ろしいところです。 

 

悪い油脂をとれば、知らず知らずのうちに細胞、体、脳に悪影響を与え、万病を招く元となりかねません。

 

脂質は、体を作り、動かすうえでとても重要な役割を果たします。

 

だからこそ、油脂を正しい知識で選び、摂取していくことがより健康的に生きていくために欠かせないのです。

 

ただ一つ、気になることは油脂という言葉に先入観を抱きがちな「太ること」ということでしょう。

脂質を摂ると太る!は間違い!?

「脂質を摂ると太る」
 
何となくイメージというかそのような認識っもあなたにはあると思いますが、この認識の根底には根強いカロリー神話があるようです。

 

 

糖質、タンパク質は1gあたり約4キロカロリーであるのに対して、脂質は1gあたり約9キロカロリー。 

 

こうして比べてみると、単純に同じグラム数の糖質やたんぱく質を摂るより脂質を摂るほうが「太りやすいと考えてしまうかもしれません。

 

しかし、これはあまりにも短絡的な考え方です。

 

脂質が体内でどのように利用されているのかを全く見ていません。

 

脂質はカロリーが高いとはいえ体内でもっとも効率的に利用されやすいのです。

 

脂質はまず消火器で分解されエネルギーとなります。

 

余った分は脂肪細胞に蓄えられますが、必要に応じて再び脂肪酸に返還され利用されるのです。

 

ココナッツオイルと油の常識を知ろう!記事一覧

糖質といえば主に体のエネルギー源になってくれるものですが、実は脂質にもエネルギーになるのです。しかも、脂質よりも糖質の方がずっと肥満を招きやすく万病の元になるという研究結果も発表されています。糖質は能無し?なぜかというと、糖質は主にエネルギー源になるくらいしか能がなく、余った糖質はどんどん中性脂肪に変換されて、体内に蓄積されていくからです。また余った糖は細胞にまとわりつく「糖化」という作用によって...

良い油脂から、いい脂質を摂ればというのが前提条件ですが、脂質は体内でどんどん有効活用されます。俗にいえば「どんどん燃やされる」事で、脂質は私たちの生命活動を維持してくれているのです。油脂がいかに重要であるかを、もっと理解していただくために、油脂が体内でどのように利用されるかここで大まかに説明しておきましょう。エネルギー源としての脂質体に入った脂質の内、エネルギーになるのは中性脂肪(トリグリセリド)...

糖質、タンパク質、脂質これらは体の三大栄養素といわれています。まず糖質といえば、重要なエネルギー源というイメージが強いでしょう。とりわけ「脳は糖しか栄養にできない」などといわれ、頭脳労働の後には甘いお菓子類が欠かせないという人も多いようです。またタンパク質は体の組織や筋肉を作るうえでも大切だと言われています。鶏のささ身や赤身の肉などをみると、いかにも対組成に直結しているように見えますね。糖質はエネ...

個人差も当然ありますが、妊娠4~5ヶ月頃になるとお腹はみるみる大きくなって命が宿る赤ちゃんと共に実感が出てきます。大きくなる赤ちゃんを支えるお腹も重さについていけず皮膚が伸びていき、その急激な変化についていけなくなった皮膚の下の真皮や皮下組織が断裂してしまいます。このときに出来た断裂痕が妊娠線となります。そのため、この時期からしっかりと保湿をしていくことが必要になってきます。特に臨月になると、お腹...