ココナッツオイルを摂取すれば体内で有効に活用される?

ココナッツオイルのように良い油は体内で有効的に活用される!

ココナッツオイル,サプリメント,ダイエット,美肌

良い油脂から、いい脂質を摂ればというのが前提条件ですが、脂質は体内でどんどん有効活用されます。

 

俗にいえば「どんどん燃やされる」事で、脂質は私たちの生命活動を維持してくれているのです。

 

油脂がいかに重要であるかを、もっと理解していただくために、油脂が体内でどのように利用されるかここで大まかに説明しておきましょう。

 

エネルギー源としての脂質

体に入った脂質の内、エネルギーになるのは中性脂肪(トリグリセリド)です。

 

中性脂肪は、胃液や膵液に含まれるリパーゼという消化酵素によってグリセロールという物質と、脂肪酸という物質へと分解されます。

 

その後、小腸を通ってリンパ管に入るときに再び中性脂肪となりリボタンパク(カイロミクロン)に乗せられます。

 

そして肝臓、脂肪、筋肉などの毛細血管を通る間に、リボタンパクリーゼにより、再び脂肪酸とグリセールに分解されます。

 

こうして分解された脂肪酸を、遊離脂肪酸といいます。

 

遊離脂肪酸は血中に放出され、タンパク質の一種であるアルプミンに吸着されます。

 

血管は、いわば体中に張り巡らされた血液の”水路”であり、その水路を走るアルプミンという船に乗って、遊離脂肪酸は体中を巡り、エネルギーを各組織に随時取り込まれるというわけです。

 

このプロセスで利用しきれなかった遊離脂肪酸は、肝臓を経て再び中性脂肪となり脂肪細胞に貯蔵されます。

 

そして体がエネルギー不足になるたびに、また遊離脂肪酸となって利用されます。

 

中性脂肪は、体のエネルギー貯蔵庫のようなもの

 

脂肪がつくことは忌み嫌われますが、

 

ある程度の脂肪がついていないと、体は寒さや衝撃には耐えられないのです。

 

体脂肪の蓄積もまた脂質の重要な役割として対記しておくべきでしょう。

 

もちろん、脂質はとり過ぎれば肥満につながりますが、それ以上にしっかりと覚えておいていただきたいのは

 

脂質は優秀なエネルギー源であるということです。


関連ページ

ココナッツオイルで糖質よりも体に必要な油脂を意識した方が痩せる!
テレビや各種メディアで話題の"1日3粒の健康習慣"「ヴァージンココナッツオイル」 世間で流行ってて良いされるのは意味と根拠があるからでまずは油=油脂の常識を知りましょう!
ココナッツオイルを摂取する前に生きてくうえで欠かせない脂質を知る
テレビや各種メディアで話題の"1日3粒の健康習慣"「ヴァージンココナッツオイル」 世間で流行ってて良いされるのは意味と根拠があるからでまずは油=油脂の常識を知りましょう!
ココナッツオイルは妊娠線予防にも効果がある!?
テレビや各種メディアで話題の"1日3粒の健康習慣"「ヴァージンココナッツオイル」 実は妊婦さんの間でも人気! その秘密は妊娠線ケアにあった!?