ココナッツオイルを摂取する前に生きてくうえで欠かせない脂質を知る

ココナッツオイルを摂取する前に生きてくうえで欠かせない脂質を知る

into the abyss

 

糖質、タンパク質、脂質
 
これらは体の三大栄養素といわれています。

 

まず糖質といえば、重要なエネルギー源というイメージが強いでしょう。

 

とりわけ「脳は糖しか栄養にできない」などといわれ、頭脳労働の後には甘いお菓子類が欠かせないという人も多いようです。

 

またタンパク質は体の組織や筋肉を作るうえでも大切だと言われています。

 

鶏のささ身や赤身の肉などをみると、いかにも対組成に直結しているように見えますね。

 

糖質はエネルギー源になり、タンパク質は組織や筋肉の材料になる。

 

では三大栄養素の最後の一つ、脂質についてはどんなイメージがあるでしょう!?

 

体に蓄えられた脂肪は、飢餓状態などの極限状態でこそエネルギー源になってくれるとはいえ「基本的に邪魔なもの」と思う人も多いと思います。

 

特に美容や体型を気にする女性にとっては「脂質は太る元だから、なるべく摂らない方が良い」というイメージが根強いのではないでしょうか!?

 

美しさのみならず、健康を保つ上でも脂質は避けられがちです。

 

コレステロール値が上がると、生活習慣病になる。

 

血液がドロドロのなって脳や心臓の血管が詰まる。

 

こんな風に医師から診断され脅され、本当は大好きな肉類を極力控えるようにしている人も決して少なくないと思います。

 

肥満はもちろん生活習慣病につながります。

 

脂質を摂り過ぎれば肥満を招くというのも事実といえるでしょう。

 

 

でも、そのことで脂質を敵視するのは、大間違いであるといわねばなりません。

 

 

脂質は実に様々な意味で私たち人間の体には絶対不可欠なものだからです。

 

体を動かすエネルギー源になるのはもちろん、体を作る細胞や、体の維持に欠かせないホルモンに材料になるという意味でも欠かせないと言えるでしょう。

 

細胞といえば、行動や思考、精神を司る脳の細胞だって脂質から作られています。

 

このように体の機能面でも構成面でも、重要な役割を果たす脂質の不可欠な必要性は認識しておきましょう!


関連ページ

ココナッツオイルで糖質よりも体に必要な油脂を意識した方が痩せる!
テレビや各種メディアで話題の"1日3粒の健康習慣"「ヴァージンココナッツオイル」 世間で流行ってて良いされるのは意味と根拠があるからでまずは油=油脂の常識を知りましょう!
ココナッツオイルを摂取すれば体内で有効に活用される?
テレビや各種メディアで話題の"1日3粒の健康習慣"「ヴァージンココナッツオイル」 いい油は体内で有効に活用され、美容と健康の両方に効果的に活かされます。
ココナッツオイルは妊娠線予防にも効果がある!?
テレビや各種メディアで話題の"1日3粒の健康習慣"「ヴァージンココナッツオイル」 実は妊婦さんの間でも人気! その秘密は妊娠線ケアにあった!?